CBD(正式名称は、カンナジビオール)とは、大麻(ヘンプ)の種子及び茎から抽出された大麻特有の成分(CannaBiDiol=カンナビジオール)の略語です。

そう聞くと、「えっ、大麻?」と驚かれるかもしれません。
CBDは確かに大麻特有の成分ですが、
原料には、酩酊状態や陶酔、多幸感などによるいわゆる「ハイ」の状態になるTHC(テトラヒドロカンナビノール)は含まれていません。

一方、CBDは、精神・神経系への悪影響はない、安全な栄養素です。
抗不安・抗けいれん・痛みの緩和・抗がん・抗糖尿・骨の成長促進・睡眠促進・リラックスなどの効果があり、
世界保健機構(WHO)が、多くの疾患への有効性を高く評価しています。

2019年に行われた調査では、アメリカ人の14%が、何らかの形でCBD製品を使用していることが明らかになっています。
これは一過性のブームを超えて、大麻製品が人々の暮らしの中に、必需品として定着したことを示しています。

(出典:「お医者さんがする大麻とCBDの話」)

街中で、「CBD」の文字を見かけることも増えているのではないでしょうか。
自分でできるヘルスケア、セルフケアのニューノーマルになりつつあるCBD。
手軽に取り入れられるOzwellsのアロマロールオンで、CBDライフを始めてみませんか?